男女

イタチやトコジラミ駆除は徹底的に|プロである専門業者に任せよう

蜂には要注意

作業員

安全に対処

キイロスズメバチは、凶暴な蜂として知られており、11月ごろには、バスケットボールより大きな巣を形成することもあり、その働き蜂の数は2000〜3000に達することもあります。さらに、この時期には、巣には次世代の女王蜂がいることが多く、その傾向はより強くなり、近づくものには容赦なく襲い掛かります。この習性のため、人が襲われるといった事故が起ることもあるため、早めに適切に駆除を行うことが必要になります。生活圏でキイロスズメバチの駆除が必要になった場合には、各自治体に依頼することで駆除が可能な場合があります。それが無理な場合には、専門の駆除業者に依頼すると状況によりますが、一般には数千円程度で駆除を行っています。

とにかく早めに手を打つ

キイロスズメバチは、春には女王蜂一匹から巣の活動が始まることから、近辺に巣を作らせないことが被害を避ける第一段階といえます。女王蜂は巣として適正な場所を探し、働き蜂を育てながら活動するため、大型のキイロスズメバチを見つけた場合には、その動きを注意してみることです。営巣しようとしている場合には、早めに殺虫剤で駆除を行うことで、営巣をやめさせることができます。働き蜂がたくさん増える前であれば、危険性は低く、追い払うだけであれば、殺虫剤を使用することで十分対応できます。しかし、気づくのが遅くなった場合や、たくさんの蜂がいるにもかかわらず、どこに巣があるかわからないといった場合には、無理をせずに専門業者に駆除を相談しましょう。