一軒家

イタチやトコジラミ駆除は徹底的に|プロである専門業者に任せよう

駆除を依頼しよう

作業員

日本に棲むイタチと被害

人にとって有害な動物と言われるものを総称して害獣といいます。中でもイタチは尻尾を含めても全長40センチから60センチと小型で夜行性、肉食で見かけによらず凶暴な獣の一種です。日本に生息しているイタチの中でも、広く分布しているのはニホンイタチとチョウセンイタチの二種類です。このうちニホンイタチよりも大型のチョウセンイタチが生息域を広げつつあります。昔からイタチの毛皮は衣類や筆に利用されていましたが、野生のイタチを捕らえて売買する業者が減っていることもあり、被害に遭った際、対策に頭を悩ませたる人も多く、そのためイタチ駆除を行う業者も存在しています。イタチによる被害として多いのは、家庭ゴミを食い荒らされる、家の中に入り込んで巣を作られる、またそこで繁殖を繰り返されるなどがあります。ニワトリやウサギなどを飼育しているところでは、家畜を襲われるという被害も出ています。

特徴と駆除

イタチはわずか数センチあれば、小さな隙間や穴に入り込みくぐり抜けてしまう柔軟さと敏捷性を持っています。この性質のため天井裏や床下など人の目が届きにくいところに潜り込みます。家の中に入り込まれて住処にされたり、巣を作られて増えてしまうといったケースもあります。イタチは臭いが強く、姿は見えずとも棲み着かれると大変な悪臭に悩まされることになります。もちろん衛生上もよくありません。大変頭がよく、駆除に失敗すると警戒して捕らえにくくなってしまうといいます。素人判断で行ってしまうと、イタチ駆除に失敗するだけでなく、再度の捕獲がいっそう難しくなってしまったり、追い出してもまた戻ってきてしまったりすることがあります。イタチ駆除を考えるならば、専門のイタチ駆除業者に頼み、事前にしっかりと準備をする必要があります。自治体によっては事前に捕獲申請が必要な場合もありますので、保健所への確認も行いましょう。イタチ駆除は、イタチ本体の捕獲だけでなく巣や侵入経路の撤去も行ってくれる業者がありますので、依頼したい内容を整理して相談すると良いですね。

トコジラミの怖さ

イタチ以外にも、住宅に住み着いて被害を及ぼすものがトコジラミです。住宅の中でも、主にベッド周辺や壁の隙間などに潜伏しています。トコジラミに刺されると、眠れなくなるほどの耐えられないかゆみを感じます。対策方法としては、日頃からこまめに清掃して清潔に保つことが重要ですが、それだけでは防げないこともあります。自分でトコジラミ駆除をするのはとても難しいので、専門業者に依頼しましょう。トコジラミ駆除の専門業者ですと、現在生息しているトコジラミの駆除だけではなく、新たに侵入してこないように対策してくれます。そのため、徹底的に排除することが可能なのです。専門業者にトコジラミ駆除を依頼し、被害を拡大させないようにしましょう。

蜂

時期を選ぶことが大事

アシナガバチは、人里で見かけること多いハチです。4〜7月頃は攻撃性は低めですが、8月になると交尾のためにオスが生まれ、それを守るためにメスの気性が荒くなります。駆除は、風上から横方向に殺虫剤を噴霧するという方法でおこないます。

作業員

蜂には要注意

キイロスズメバチは、攻撃性の高い蜂として知られており、生活圏に営巣している場合には、被害が出る前に対処することが望まれます。巣が小さいうちには自力でも可能ですが、大きくなってしまった場合は、専門の駆除業者に委託するほうが無難です。

ハチ

夏から秋には要注意

アシナガバチの巣を駆除するならば、女王バチが越冬から目覚めて活動を始める春先に行うとよいでしょう。巣がまだ小さく、働きバチがいないときならば素人でも駆除できますが、大きくなった巣は駆除業者に頼んで撤去してもらいましょう。